Galette des Rois

ガレット・デ・ロワ…ここ数年、日本のケーキ屋さんやパン屋さんでもよく見かけるようになりましたね。デパートのクリスマスケーキのカタログなんかにも"新年を祝うお菓子"として隅っこに載ってたりしてますね。

ガレット・デ・ロワ(仏語)とは、直訳すると"王様のお菓子"という意味です。
フランスではイエス・キリストが神の子として見い出されたエピファニー(公現祭)を祝って1月6日に食べられるお菓子。
パイの中にクレームダマンド(アーモンドクリーム)が入ったもので、中にフェーブ(そら豆という意味)と呼ばれる陶製の小さな人形が入っています。

切り分けて食べる時、そのフェーブを引き当てた人が王様(女王様)となり、紙で作った王冠を被り、祝福を受け、その幸運は1年間継続するといわれています。

ガレット・デ・ロワについて、詳しくはコチラヘ!

パイ生地を折り込むのが面倒で、なかなか挑戦できずにいたのですが、今年初めて作ってみました。
e0160246_22441816.jpg




写真ではわかりませんが、焼成中に中に入れたクレームダマンドがはみ出てきたり…と失敗しながらもなんとか完成。

薄力粉と強力粉を半々で作ることが多いようですが、今回はテロワール(フランス産のフランスパン用粉)を使ってみました(フランスのお菓子だしね~♪)バターは明治の発酵バター。
ちょっと焼き色が薄い感じもしますが、試食してみたらパイもサクサクでおいしかったぁ~
パイ生地が面倒くさいけど、1月中にまたチャレンジしようかな~!
e0160246_2256397.jpg


そしてガレット・デ・ロワといえば、フェーブ!!
今回は失敗するかも…と中には入れませんでしたが、お店によってオリジナルのフェーブがあったり、毎年新作が出たり…とコレクター心をくすぐるアイテムなのです。
本来はキリスト教にちなんだ形をしたものだったようですが、本当にいろんな種類があるのです。
とてもコレクションできませんが、ネットショップで今年少しだけ買ってみました。
e0160246_2315045.jpg
パンやお菓子の形をしたかわい~いフェーブもあったのですが、もたもたしてるうちに売り切れてました。
モチーフものに弱い私…毎年ちょっとずつ買ってみるのもいいかも~
[PR]
Commented by misuzu at 2009-01-11 15:15 x
模様が美しいですなー。この模様には意味があるのですかな?切り分けるため?かわいいフェーブ?が切り分けたところに入っていたら誰のもの?ってならないようにかな?ケーキを食べる楽しみ以外のワクワク感もいいですな。そろそろ誕生日なのですが、お誕生日などでも喜ばれそうですが、1月6日しかダメですかね。
Commented by grue-press at 2009-01-11 23:11
misuzuさんへ
模様はいろんな種類があるんですよ~たしかに切り分けやすいですね。
本場フランスでは1月中はケーキ屋さんやパン屋に並んでいるようです。
もともと、「ピティビエ」という名前で年中食べられているお菓子なんですよ。
日本では宗教的な行事としての意識は低いので、1月だけでなくパーティーなんかでフェーブを仕込んで食べるのも楽しそうですよね♪
by grue-press | 2009-01-06 23:10 | お菓子 | Comments(2)